忍者ブログ
VIDEO


Lawrence Jordan
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
PROFILE
HN:
++AMI++
性別:
女性
自己紹介:
【LIKE】
FASHION
DRIVE
DRINK
Individuality
CITROEN
FERRT

【DISLIKE】
public image
Insect
COMMENTS
(06/11)
(06/11)
(06/11)
(06/07)
(06/07)
ARTICLE
TRACK BACK
CODE
SEARCH
COUNTER
access
[16] [15] [14] [13] [12] [11] [8] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

余命1ヶ月の花嫁はこう言った。

「明日が来ることは奇跡」

選ばれた人じゃなく、自分にも、家族にも、友人にも言えること。
だけれど、常に意識して生きてる人なんて健康だったらあまりいないと思う。
私だってそう。

最近、悲しいことが多くて考えさせられる。
あまりにあっけなくて、「人生ってなんなの?」って
思春期の頃考えたようなことを、また最近考えたりする。

自分や家族は健康なのが当たり前と考えちゃうけど
その時って突然やってくる。


何年か前、私にも降りかかってきた恐怖が今は親友を悲しませてる。

彼女は、高校からの同級生なんだけどビックリするくらい
家庭環境が似ている。境遇までも。

いつも陽気で、強がって見せる彼女だけど
昨日は違った。私の前で、思い切り泣いた。

よく考えてみたら、長年の付き合いなのに彼女の泣き顔見たの初めてだって気付いた。

「お父さんが病気になったの、私のせいだ」
どうしようもない後悔が頭を過ぎって、彼女は我慢しようとしても涙が溢れてきてた。

私より背高いんだけど、私は背伸びして肩を抱いて
「大丈夫だから!大丈夫」と何度も声をかけた。

どうして?一生懸命、男手1つで頑張ってきたのに酷すぎる。


私にも何かできることがあれば…と思って
大変でも簡単に食べられそうなもの買ってダンボールに詰めて彼女の家に届けた。

「ちょっと顔だしてきなよ、お父さん喜ぶから」
と言われ、顔を見たらないてしまうかもと最初遠慮したけど
やっぱり会っていくことにした。

彼女の話から、病状はかなり良くない。
だけど、久し振りに対面した彼女のお父さんは毅然とした態度で出迎えてくれた。

「お久し振りですね~!元気でしたか?ちょっと立てなくて…
座ったままで出迎えちゃって…すみません」

私が気を遣わないよう、元気にして見せる。
だけどきっと辛いんだろうし、痛くて苦しいはず。
残された少ない時間を、1分でも惜しいかのように友達と
笑顔でお酒を交わしている、彼女の父。
このまま、元気になるんじゃないかと思わせる。

そうなって欲しいと心から思う。

毎日元気にしていることや
仕事できること
食べることが楽しい、美味しいと感じられること
好きな人と楽しく過ごせること
欲しい物が買えること

当たり前の様だけど
健康じゃなきゃ、感じられないこと。
そして普段忘れがちなこと。

生きていることに、健康であることに感謝しなくては。
本当に明日が来るって奇跡だと思う。

そして彼女のお父さんには本当に良くって欲しい!!!

20060902061801.jpg



 

PR
COMMENTS
お名前

タイトル

メールアドレス

URL

コメント

パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACKS
忍者ブログ | [PR]
| Skin by TABLE e.no.ch