忍者ブログ
VIDEO


Lawrence Jordan
CALENDAR
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
PROFILE
HN:
++AMI++
性別:
女性
自己紹介:
【LIKE】
FASHION
DRIVE
DRINK
Individuality
CITROEN
FERRT

【DISLIKE】
public image
Insect
COMMENTS
(06/11)
(06/11)
(06/11)
(06/07)
(06/07)
ARTICLE
TRACK BACK
CODE
SEARCH
COUNTER
access
[20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


寝坊してホテルのチェックアウトを2時間も延長してから
悲しいかな、最終日を迎えました…

しか~し!当初の1番の目的でもあるART散策を決行すべく
悲しんではいられないと早速ARTの町、上野へ。
途中、たくさんの荷物をロッカーに預ける為に東京駅でおりて
せっかく来たんだし…とちゃっかり新丸ビルへ行くことに。
その途中、東京駅の前で工事をしていたんだけど
作業場と歩道を隔てる柵?ボード?見たいなとこに
かかれてた幾何学模様に一目ぼれ☆
↑参照。
こういうの好きなんだな。

で~!
東京国立博物館に行きました♪
ここは、本館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館、表慶館とに分かれ
それぞれ歴史的な産物が展示されているんだけど
もともと、アジアや日本の古い磁器とか仏像とか好きなので
本館へ。
東洋館はその後で…
中は落ち着いて、静寂な雰囲気が何だかずっしり重たい物を
強く感じさせました(いい意味でね)
中にはほ~んと説明に1日かかる程の芸術品が!
掛け軸、着物、浮世絵はたまた仏像に陶磁器とさまざま展示されてます。
たくさん気に入ってるんだけど、なかでも絵図らがきれいだなと思ったのが
kanzasi.JPG  kushi.JPG
この、簪、櫛コーナー。
ほんと少しのスペースだったんだけど
結構長いこと見入ってしまった…
小さいのに、細部にまでキレイな彫りや石なんかがついてて
女性が美しくいたいなと思うのはいつの時代も一緒なんだと
感じさせますね。

後、本館に1番に来た理由が「建築」
少しアールデコっぽいんだけど、そこはやはり東洋。
アジア~な雰囲気も混ざってて、なんだか手すりやら
取っ手までもが素敵☆
一番写真に撮りたかった、本館に入って中央上にある
「時計」をパチリ。
tokei.JPG
植物が複雑に絡まりあったような模様。
素敵!!
こんなのも↓
denki.JPG
入って中央に位置する階段の両脇にそびえるライト?
良く見ると…ガラスにも彫刻が!!とってもキレイ☆
すっかり虜になってしまい、その空間に酔いしれるのでした。。

はっ!と我に返り、仏像見てない!
と思い、仏像たちがいるスペースへ行くことに。
黒い内装の中にひときわ輝く仏像たちからは
後光が差してなんとも眩い。
budda.JPG
優しいお顔…



良く考えたら、今回は物自体に見入ってしまって
誰の作品か、その物の説明やらをちゃんと見てなかったなぁ
と後悔。。次回はリベンジ!
というのも、あっという間に閉館時間を迎えてしまって
本館だけで終わってしまったのです。。。
次は1日かけて見たいと思いマス。
そんなこんなで東京駅に戻り、岐路に着く私でした。
帰りたくナ~イ!!


東京国立博物館
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/processId=00



昨日の日記
日曜日はわりと毎週恒例化してきた社長とのMEETINGの日。
クリスマス間近と言う事もあり、割と人が出てて1日バタバタ。
やらなきゃいけない棚卸しもできないまま
閉店後、古町にあるオフィスへ向かう@20:30
その後よく分からない緊張感の中
(今回のミーティングは何故かプレゼン式)
やっとその緊張から開放されたのが23:00
その後、明日までに終わらせなくてはならない
棚卸をする為、お店に戻り。
無のまま、もくもくと作業を進めるも
頭の中はこんな感じに↓
zangyou.gif
頭の中がpsycheになるまで頑張って
家に帰って来た時は、時すでに夜中の3時。
グロッキー☆




PR
COMMENTS
お名前

タイトル

メールアドレス

URL

コメント

パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACKS
忍者ブログ | [PR]
| Skin by TABLE e.no.ch